So-net無料ブログ作成
同棲生活 ブログトップ
前の5件 | -

昔を思い出してしみじみ。。。 [同棲生活]

一年前のブログの記事を読み直し、懐かしい思いにしばしば浸りました。
彼の昔に嫉妬したりするのをはじめ、いろいろと思い悩んでいたなあ〜って
かんじです。今では前ほどけんかすることはなくなり、もしけんかしても
それほど互いにマジ切れすることはなくなり、かつ仲直りはしやすくなった
なあ〜って気がします。これも進歩なのかな?

彼は仕事で相当消耗するようで、今もご飯食べたらぐっすり寝入って
おります。職場の人に風邪をうつされたかもしれないとも言っていた。
大丈夫かな?

私も今日はげっそり疲れてしまったけれど、帰宅して彼と少しの間悪ふざけ
していたおかげで元気を取り戻しました。彼はほんとに私の元気のみなもと
ってかんじです^^。

あと二ヶ月後には入籍かあ。去年は二人生活に幸せを感じつつも、結婚
への怖れを抱いていた私ですが、今では無事それも払拭☆
前は他の女性の陰にやきもきしがちでもあったけど、今は多少
おおらかにもなれていると自負しております(笑)。

日々、仲良く穏やかに過ごしていくことには、ある程度の我慢や忍耐
がつきものですが、この幸せを守っていけるといいなあ♩

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

掃除ができない女。。 [同棲生活]

この連休は彼とのらりくらりな日々でした。

土曜日は二人とも一週間の仕事疲れをいやすべく(?)
朝からだら〜っとすごし、昨日は近くに買い物に出かけ、
今日は大掃除日和でした。

私はいわゆる「片付けられない女」で、整理整頓の能力はきっと
母のお腹の中に残して生まれてきてしまったのでは?と思う
くらい整理整頓が苦手で、掃除もあんまり好きではありません。
だけど、一週間に一度は掃除が必要だとは感じているため、
約1時間くらいかけて掃除にいたるのですが。。。彼はというと、
整理整頓が得意で掃除も大好きな人なんで、2時間でも夢中で
掃除をやれちゃう人なんです。私はたいてい1時間も掃除をして
ると、疲れたり飽きてきて遊び始めてしまうのですが、いつも
それを彼にたしなめられてしまいますね。今日もいつもの
ように飽き始めてだらだらし始めた私に苦笑しながら自分はもくもく
と掃除をしていました。ほんっと、たよりになるなあ〜って感動。
そんな彼をみていると、つくづく自分のだめ女ぶりを痛感して
しまいます><。
私がやると適当な具合にきれいになるところも、彼が掃除すると
隅から隅までぴかぴかになってしまいます!ほんとはそれこそが
掃除をした後といえるんだろうけれど。。。私はいつまでたっても
駄目ですねえ。。。。。。

まあ、自分と同じようにてきぱきしない私をみても、苦笑い程度
で許してくれてる彼なんで、私もそれに甘えてしまって掃除に
目覚めないのかもしれません。。。
きれい好きな女性になりたいものです(泣)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

話し合い [同棲生活]

昨日、彼と約2時間にもわたる話し合いをしました。

というのも、彼がどうしても仕事にばかりエネルギーを注いでいるために、
休日が1日しかなくて、帰宅後はストレスを解消するためという名目での
ゲーム三昧な状態。そんな状態に内心不満が蓄積していた私でした。

日々の生活に幸せを感じる反面、でもどこかもやもやとくすぶった気持ちがずっと
あり、一時期この状態でこの生活をずっと続けていく事に失望していたくらいでした。

話し合いの結果・・・
同棲を開始して約1年が経とうとしている今、私はまだ恋人気分でらぶらぶでいたい
かんじなのに対し、彼のほうはもうすでに私に妻、母親(未来の子どもへの)役割を
求め始めていて、二人の関係も恋人関係だけだった頃のものから、“夫婦”、(子どもの)
両親となるにあたって大切なものに重きを置いていることが判明しました。

まあ、ひらたく?言えば、仕事仕事ばかりでいる彼に対し、もうちょっとスキンシップ
やらコミュニケーションやら、精神的なつながりを大切にして欲しいという気持ちで
一杯の私だったのですが、彼としては、ゆくゆく私が育児休暇に入ったり、子どもの
ことでお金がかかる時がやってきたときに少しでも楽をさせてあげたいという気持ち
で、今がむしゃらに仕事をしなきゃという気持ちで一杯だったとのことでした。

どちらかといえば、私が今にばかり目を向けているのに対し、彼はかなり遠い遠い
未来に目を向けて互いに生活していたのでした。
でも、そんな彼の気持ちは未だ彼から語られることはなく、ただ仕事中毒状態に
なってしまっていたため、私は二人の生活に暗雲を感じざるをえなくなっていました。
でも、彼のそんな熱意や真剣さを聴かせてもらえ、これまでとかなり違った目で
またこれからの二人の生活を見つめていけるように思いました。

ただ、「オトコはひたすら仕事をして収入を得て、家族に楽をさせてあげたい」という、
昔ながらの男性役割にとらわれすぎてしまっていることには、内心納得できず。
そういうと、きっと「オトコってものを分かっていない」と言われそうですが・・・。
でも、実際私だってフルで働いて彼と同じくらいの収入を得られている状態なんだから、
そんなに一人で背負ってがむしゃらになろうとしなくていいのに、と思ってしまうのです。
オトコは外、オンナは内だけを守るっているのは、どうにも現代の夫婦のあり方には
当てはまらないように思いますし、やはり家庭を守るためにはそれぞれが外と内との
役割を共同で担うことが、子育てにとっても大切になってくるんじゃないかと思います。
オトコは仕事だけを中心にしていればいいというような、「父親不在」の家庭には
したくないなって思う私なので、このことについては、彼と今後もぶつかることが
きっと絶えないんでしょうけど、とりあえず昨日の話し合いで彼の気持ちをいろいろと
聴くことができ、すっきりです^^

「俺は正直小難しい話し合いは苦手」って言うけど、人生を共に歩んでいくための二人に
とって、必要に応じて互いの意見を伝え合う話し合いなしに、どうして歩んでいけると
思うんだろうっても思いました。結婚する、夫婦になるって、ただ式をして入籍すれば
叶うものでは決してないです。やっぱり、毎日の積み重ねが互いを夫婦に、ゆくゆくは
両親としてのきずなにつながっていくのではないかと思います。
価値観なんて、違って当たり前。生まれも育ちも全く違うんだし。違う人間ていう前提で、
互いの意見や考えをすり合わせながら、歩幅を合わせて歩んでいくものが夫婦なんじゃ
ないかと私は思います。それも、きっちり彼に伝えました。

もし、ここで「そんなの無理」なんて言われようもんなら、彼が自分の価値観や考えだけを
優先してこの生活を続けようという気持ちのままなんだったら、ここで終わりにしてもいいとさえ
思ってましたが、彼なりに私の言い分をくもうとしてくれ、私も彼の本音をきけたので、
それでまた自分を改めねばなと思わされました。
話し合いはとても有意義なものでした♪
その話し合いをもって、また「彼でよかった」と思えたのでした。

帰宅時のほんわかな時間☆ [同棲生活]

今日は週の仕事おさめで一番疲れがピークでした。
なので、今日の晩御飯は外食にしよっかなと思っていた私。
ちょうど彼と帰宅時間がほぼ同時刻になり、駅で待ち合わせして、
「サッカーを見たい」という彼に合わせて、お弁当を買って帰る
ことにしました。
いつも家でばかり一緒にいる彼と駅で待ち合わせて手をつないで
帰るってことに、やたらほんわかとしてしまった私^^。
彼の顔を見ると、本当に心が和らぐし、彼の手から伝わってくる
ぬくもりに、体の中からじんわりと暖められる心地さえしました☆
一緒にいれることの幸せを強く感じ取れたひとときなのでした。

帰宅してサッカーみながらお弁当を食した後、いつの間にか
ぐーぐーと寝入ってしまった私たちなのでした。ついさっき目覚め、
ちょっと元気復活したので、これを書いてみているのでした。

彼だけが私を心底ほっとさせ、緩ませてくれる存在なんだなと
改めて実感。そんな彼をずっと大切にできるといいなと思います^^。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

彼の“ワーカホリックぶり”にいらいら・・・ [同棲生活]

彼は、いわゆる”仕事中毒”のヒトです。

頼まれると断れない、典型的な“ノーと言えない”ヒトで、
そのために日々自分をすり減らすようにして仕事に向き合って
しまいがちです。

私は仕事柄、“自分のペースを大切にして生きる”ことを
とても重要視しているため、彼の良いヒトな仕事ぶりが
どうしても受け入れられないし、何か言いたくなってしまう。

彼としては、「頼まれるうちが華」という言い分を大事に持っており、
他人に尽くしてこそ、自分にいろいろなものが帰って来るという、
“情けはヒトのためならず”という信念も。実は大事に胸に抱いて
いるようでもある。

でもさ、彼のむちゃくちゃな仕事ぶりを見ていると、、、「自分の
施した“情け”が帰って来る前に、あなたは自滅しちゃうよ。。。」
と思ってしまってならない。
まるで「余命いくばくか・・」ってな状態なんですか!?ってくらい、
仕事をいれてしまう。なので、あと一ヶ月は週6日勤務っていう
スケジュールになってしまっている。

そんなスケジュールをつい先月してしまっていて、そのために
日曜はいくら寝てもだるくて、微熱みたいのがあって、頭痛もひどい
という散々な目にあっていたばかりなのに。
それを誰よりも辛いと実感していたはずなのに。
「いったいこのヒトなんなんだろう?学習能力ないなあ~・・・」って
思ってしまう。

頑張ること、勤勉であることを美徳と捉えるヒトが彼である。
でもさ、それはただがむしゃらにむちゃくちゃに仕事に向き合うこと
ではないのに。
彼の中の潜在不安がなせる業は強大だ。
自分が自分の無意識の不安に振り回されているってことを、
気づいてほしいなあ・・・。
実はとことん自己評価も低くて、自分の技量への自信もないために、
雑用でもなんでも引き受けるような“頑張る”という選択肢を
選びとり、そんな自分の姿を周りに認めてもらいたいんだろうなっても思う。
でもさ、でもさ、と私はどうしても思ってしまう。

自分らしさや自分のペースを大切にしてこそ、その人だけが持つ
輝きを放てると思うのに。彼はとってももったいないことをしていると
思う。誰にでもできるようなことばかりを引き受け、それらにエネルギーを
費やしてしまっているために、きっと彼だけができることにまで
エネルギーをまわせずじまいになり、彼自身の成長が目指せなく
なってしまうように思えてならない。

今朝は冷静に自分の気持ちを彼に物申してみた。
特に機嫌が悪くなることはなかったけど、ちょっとは自分スタイル、
変えてくれる気になるかしら・・・・・。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 同棲生活 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。