So-net無料ブログ作成
嫉妬深い女 ブログトップ

車の助手席 [嫉妬深い女]

彼と私はおのおので貯金をしている日々なのですが、
彼はもっぱら「車を持ちたい」と言っています。
「男なら車は持ちたい」「家族のためにも持つのが当たり前」
という、言い分ともいえないような言い分を持ち出すのですが・・・

我が家の経済管理をしている私としましては、週末ぐらいにしか
出番を示さないであろう自家用車を維持するための維持費が
もったいなく思えて仕方ない。ちょろっと調べたところ、程度の差は
あれど、年間50~100万程度の維持費がかかるそうです。
いずれ子どもができたらそちらにもお金が要るだろうし、もしどこか
にマンションなり家を買うんだとしたら、そちらにもお金がかかる・・・。
私としては、家と子どもとにかけるお金を維持してこその車ってかんじ
だけど、彼の中では車が最優先になっていることが心配でなりません。
あんまり経済観念がある人じゃないので、余計に賛成できない私。
でも、当の彼はどうして車を持つ事を反対されるのかちっとも分かって
いないらしいし、彼の同僚たちも私の意見には疑問符を投げている
らしいです。

もし、もっと収入があったら・・・って思うけど、現実的なことを考えると、
車があることで他の面が圧迫されるのだけは嫌だなって思う私。
今は都内在住なので、交通面は不便てほどではないし、子どもが
いてもそれほど苦労だらけというわけではないし、車がなくても十分
家庭を築いている人はたくさんいるだろうに。はあ~。いらいら。
現実見ろよ!!って思ってしまう。全ての事が簡単に叶うと思っている
んだろうか??この不況のことも考えてんの?って思ってしまう。
私の頭がかたいだけなのかなあ~~~~

どっちにしろ、色々今後に向けて話し合いが必要なうちらです。だって、
いろいろな価値観が違いすぎるんだもの!まあ、できたての夫婦なんて
そんなものだろうとは思いますが・・・それにしても骨が折れます!(苦笑)。
一緒に人生を歩む事は、ハッピーでばら色なだけじゃないとつくづく思いますね。
まあ、そういう部分も決して少なくはないけれど、すんごく腹立たしい気持ちを
持ってしまいやすくなるのも確か。日々いろいろありです、ほんと。

そうそう、タイトルの内容だけど、彼と車の話をしていた時に「助手席は
義理のお母さんと私以外の女性は乗せちゃだめ!」って言ったら、「え?
そうなの?仕事の帰りとかちょっと送ってくのもだめってこと?」と彼。
こういう彼の“ゆるい”ところが私はいちいちいらっときます。
だめに決まってる!としか私は思えないのですが、私の器が狭いのかなあ?
でも、女性なら大半が「彼の運転する車の助手席は自分だけ!」って思う
ものじゃないかなあ???
助手席なんて、結構“距離”が近いものだし、モラルをとるなら、恋人や夫以外の
異性の車の助手席には乗らないものらしいのですが、彼にはそういったモラルが
ないらしい。そういうのが嫌ですね・・。

まあ、こういうことへの価値観も二人の中で共通のものに作り上げていくのが
必要なのでしょうね。大変です・・・。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
嫉妬深い女 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。